プラスチック製品の塗料・プラスチック塗装の事なら 大阪の塗料販売 阪上商店へ。新しい塗料の開発もお任せください。

難燃化・ガスバリア性のテスト

難燃化・ガスバリア性のテスト

機能性ナノコート剤への取り組み
難燃化・ガスバリア性のテスト

 

当社では、ナノコート剤の可能性をさぐるべく、
新たな一つの可能性を秘めたナノコート剤「ナノバイン」を使用して、
様々な繊維に対する難燃化、ガスバリア性のテストを行いました。

 

難燃・抗菌・光触媒効果・放熱・防汚染の機能を兼ね備えた「ナノバイン」
水系無機のベースを持つナノバインは、合わせるものの性質を損ないません。
従来のバインダーと比べると、色変化が起きにくい、風合いの変化が少なく元の素材の風合いをそのままに保つことも可能です。

 

<<特徴>>

 

【ナノコート剤のテスト】
様々な素材(繊維)に対して、ナノコート剤を塗布している場合と、ナノコート剤を施していない場合の実験を行いました。

 

①ポリエステルレーヨン(混用率不明) ナノコート剤塗布ナシ
https://youtu.be/xp3MRzQ04eg

 

②材質:ポリエステル(混用率不明) ナノコート剤塗布アリ
https://youtu.be/YbQhscHtnwo

・溶けて落ちますが、炎は立ちません。熱でチリチリと燃えている様子から他には火が飛ばない事が分かります。

 

③材質:綿75%、ポリエステル25% ナノコート剤塗布ナシ
https://youtu.be/lROnKVITk88

・勢いよく燃える様子が分かります。

 

④材質:綿75%、ポリエステル25% ナノコート剤塗布アリ
https://youtu.be/gqeG-fifOCQ

・ガス分解が行われ、白い煙となります。
このように機能性を持たす事によって、一酸化炭素を発生させにくくし、二酸化炭素に変換してくれることが分かります。
 

⑤材質:レーヨン100% ナノコート剤塗布ナシ → ナノコート剤アリ
https://www.youtube.com/watch?v=z0yEo-wGWLw

・ナノコート剤の塗布をしていない方は勢いよく燃えます。一方のナノコート剤アリの方は、炎が立たない事が分かります。(熱によって炭化)

 

⑥材質:綿60%ポリエステル40% ナノコート剤塗布ナシ → ナノコート剤アリ
https://youtu.be/6uN2K1uIDvg

・ナノコート剤アリの方は炎が立ちません。

 

⑦材質:ポリエステル100% ナノコート剤塗布ナシ → ナノコート剤アリ
https://www.youtube.com/watch?v=SfCu6GrPPuY

・ナノコート剤を塗布していない方は勢いよく燃えますが、ナノコート剤アリの方は炎が立たない事がわかります。

 

【広がるナノコート剤の可能性】
ナノバイン + ナノ素材 = 機能コーティング剤

 

例1)ナノバイン + シリカ = 難燃/不燃コーティング
□ 有機溶剤や樹脂を使用しない全く新しいコーティング剤
□ 色や風合いをほとんど変えず、後加工でも対応可能
□ 中空ビーズ使用で、発泡加工も可能
□ 粉体と混合で、不燃材の生成が可能

 

燃えないカーテンや絨毯、壁紙などが作成可能

 

例2)ナノバイン + 酸化タングステン = 可視光光触媒コーディング
□ 200 ルクスの低照度で触媒機能を発揮
□ 半永久的に作用(物理的破壊は除く)
□ 有機物分解機能=ウイルス&バクテリア除去(耐性菌予防)
□ ガス分解機能=1 酸化炭素→2 酸化炭素に合成(京都大学)

 

汚染を防止する布や紙、ウレタン素材が作成可能
 

例1+例2の複合
ウイルスなどを除去し、燃えずにガス分解する壁紙の誕生

 

※疎水性のある素材など、条件によっては不向きな素材もあります。
※ナノコート剤は、素材の開発・研究段階からご検討頂くことで、製造段階から取り入れていただくことが可能となります。

 

当社では、今後も様々な素材に対して実験を行う事で、ナノコート剤の可能性をさぐり、
新たな付加価値のご提案を行って参ります。

 

ナノコート剤についてのご質問・お問い合わせは、
お電話またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 

お電話:06-6906-1147
【お問い合わせフォーム】

 

塗装・溶剤・接着剤・塗装機器・省力化の治具装置
株式会社阪上商店
営業所 〒571-0043 大阪府門真市桑才新町12-2
TEL.06-6906-1147    
FAX.06-6906-8146
>>お問い合わせフォーム

 

 

Copyright © 株式会社 阪上商店. All Rights Reserved.